image03

ホテルのアルバイトで働いているので

ホテルのアルバイトで働いているので、体験談を書いてみました。 このアルバイトのポイントは常に他のアルバイトを見渡すという点です。 簡単そうに見えても、様々な仕事があるのがこの仕事の特徴です。 ワークロードが増えると自分のことだけでもこなせなくなるものですが、そういう時こそ平静を保たなければ周りにも影響してしまいます。 まず、深呼吸して、周囲の仕事を見て、何から仕事を回していくか、作業の順序を再確認します。 そして、他のメンバーに声を掛け合い、団結するのが最も肝心だと思います。

イメージ 応募するアルバイトが決まったら、どうしたらいいか、ご紹介します。 初めに見るのがその仕事の募集概要です。 それを見れば応募にあたって必要な物がわかります。 また、問い合わせの受付は電話か、メールか、誰が採用担当なのか、見ておきましょう。 普通は、電話連絡の上、面接の予定を決め、履歴書を郵送か、自分で持参して面接を行うという手順です。 応募方法について曖昧なことがあるなら、アルバイト先に聞いて不明点を解消してから応募するのが無難です。

アルバイトの応募で電話する時のポイントについて考えてみましょう。 面接の試験は最初の電話から見られていると言われていて、気を抜けません。 まず、早口ではなくて、元気よく、聞く方のことを考えて喋りましょう。 また、話すポイントは電話する前に書き出しておきましょう。 そして、履歴書を手元に置いて、聞かれそうなことに答えられるようにして応募の電話をすると、相手に質問された時も慌てずに済みます。 最後に、筆記用具とメモをすぐ取り出せる所に準備して電話しましょう。

アルバイトで使う言葉遣いが慣れなくて大変ですよね。 アルバイトをする時は職場独自のフレーズやビジネス同士の話し方に変更しないと不自然になります。 どんな人でも最初はすらすらと言葉を話せないものです。 まずは、毎回使う言葉遣いをいくつか探して、何も見ず言えるようにしてみてください。 最初はまずベテランのアルバイトや、社員が話していることを真似してみましょう。 それらの言い方を口に出しているうちに、自主的に様々なパターンに対応できるようになります。

更新情報